スポンサーリンク

尼子氏盛衰の舞台である島根県へ 【大1】

尼子経久像

こんにちは、尼子 千です。

今回は島根県へ。

鳥取から車で来ました。(鳥取の記事は下から見れます!)

本日の旅行は2部制、午前中は鳥取で午後は島根です。

島根といえばタイトルにある通り尼子氏盛衰の地。

自分の名字は本名なので尼子氏とはつながりがあります。

自分のルーツを探る旅でもありますのでのんびり楽しんで来ます!

スポンサーリンク

足立美術館へ

まずは島根県安来市にある「足立美術館」へ。

「足立美術館」は広大な日本庭園と近代日本画コレクションを有する美術館で特に日本庭園は庭園ランキングで17年連続日本一に選ばれています。

今回は庭園のみに焦点を当てて紹介します。(庭園は撮影OKですが美術品は全て撮影禁止)

ちょうど天気が良く木陰が綺麗です。

細部まで管理が行き届いています。

鯉!

やはり自然に生き物は必須です。

空間に動きを与えてくれます。

こちらが日本一の庭園。

この光景を見たとき歩みを止めてしまうほどでした。

まさに自然の芸術です。

庭園は四季によって見せる一面が変わるので次は秋・冬に行って見たいですね。

この庭園はずっと記憶に残りそうです。

日本庭園って本当にいいですね〜。

次はメインの尼子フェステイバルへ

さて足立美術館を後にし次は「戦国尼子フェスティバル」と呼ばれるイベントへ。

こちらは5年に1度開催されるお祭りで戦国時代の武将尼子に纏わる末裔の方々が集まります。

かく言う自分もそれでここに来ました。

島根県へ向かった一番の目的はこの尼子の地をめぐることです。

ポスターがかっこいいですね。

今日は楽しもうと思います。

「尼子クッキー」なるものが売ってました笑

尼子フェス限定・・・!

尼子経久像を発見しました。

この右手は毛利の城に向けられているそうです。

これが自分の先祖・・・。

とても立派な像で誇らしい気持ちになりました。

かっこいい!

尼子氏の本拠「月山富田城」へ

景色を楽しみながらブラブラしていました。

本当に和やかな土地です。

その後なにやら月山富田城の城跡をウォーキングするようだったので参加します。

周りを見ると子供から高齢者まで皆頂上を目指しています。

学校の子供たちもいました。

綺麗な景色です。

かなり疲れましたが楽しいウォーキング。

ここが尼子氏が中国地方の覇権を争って戦っていた舞台。

自分のルーツがここにあると思うと感慨深いです。

本当に来てよかった。

最後に須佐神社へ

鳥取・島根の旅の締めくくりは「須佐神社」。

日本一のパワースポットとして注目を集めているそうです。

そして神社の中で唯一スサノオの御魂を祀る神社らしいです。

スサノオといえば八岐大蛇を倒した英雄である反面様々な罪や騒ぎを起こし姉の天照大神に追放された日本神話に出てくる神です。

なんとなくスサノオが祀られていると聞くとパワーをもらえそうな感じはしますね。

周囲も木々に囲まれていて落ち着きます。

そしてその木々の中でも一際目立っている木があります。

推定樹齢は1300年を超えると言われるご神樹「大杉」です。

もっとも強力なパワースポット。

根っこからもその生命力が感じられます。(直接幹に触れることはできませんが根っこは触れます)

日本一の庭園「足立美術館」日本一のパワースポット「須佐神社」と「大杉」、そして尼子家のルーツである「月山富田城」。

どれも素晴らしい名所でした。

大満足の島根旅行!!

最後に

帰りは「出雲空港」から飛行機で帰ります。

近くにある出雲大社が縁結びに関係しているのでそこから「出雲縁結び空港」と言う愛称があるらしいです。

あちらこちらに神話の像やパネルが飾ってあるのでぜひ機会があれば出雲空港に訪れて見てみてください!

何か良い縁があるかもしれないですよ〜。

コメント

タイトルとURLをコピーしました