スポンサーリンク

【PR】 電気圧力鍋

こんにちは、尼子 千です。

今回は電気圧力鍋のPR記事です。

アルファックス・コイズミ様提供でお送り致します。

こちらがその電気圧力鍋。

非常にコンパクトでボタンも少ない。

しゃもじと比較してもその小ささが分かります。

置き場所にも困りそうにないですね。

今回はこちらの付属品、ほったらかしレシピを見て実際に「たこの柔らか煮」を作っていきます。

早速作ります。

釜にたこ、調味料を入れる。

あとは蓋をして

レシピに記載された加圧時間の12分とセットするだけ。

少しややこしいのが、これは加圧が12分ということです。

つまり実際にかかる時間は

圧力を上げるまでの時間

加圧時間(セットした時間)

減圧する時間

(料理により別途、味を馴染ませる時間)

つまり12分にセットしてもきっちり12分後にできるわけではないです。

真ん中の加圧ボタンが光ってから時間がカウントダウンされます。

電気圧力鍋なのでボタン1つであとは勝手にやってくれて、目を離して他の作業が出来るのはとても便利。

保温になったら完成の合図。

ボタン一つで簡単にたこの柔らか煮ができました。

とても柔らかく味も染みている。

圧力鍋だけにさすが味染みが早い。

そういえば先程のレシピ本の目次の最初にお米の欄がありました。

そう、この圧力鍋はなんとお米まで炊けます。

先程の残り汁とたこを刻んでタコ飯を作ってみようと思います。

20分足らずでできました。

最高3合まで炊けるらしいですが、かなり早く炊けます。

圧力鍋1つで可能性は広がる、ほったらかしレシピも悪くないです。

ぜひ気になった方は下のURLをご参照ください。

購入もこちらから出来ます。

また同機種で容量が2.0Lバージョンはこちら。

今回はたこの柔らか煮でしたが他にも作っていますのでぜひご覧ください。

以上、アルファックス・コイズミ様提供、電気圧力鍋のPRでした。

最後まで見ていただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました