スポンサーリンク

プッタネスカ

プッタネスカ

こんにちは、尼子 千です。

今回はプッタネスカを解説します。

プッタネスカとは「娼婦風」という意味で名前の由来は様々な諸説があります。

メインに使う材料はオリーブ、ケッパー、アンチョビと少し集めるのに難易度のあるもの。

それに加えにんにくと鷹の爪。

トマト缶でも大丈夫ですがあればトマトソースを作って使用するのがおすすめです。

今回はスパゲティを使うので正式名称は「スパゲティ・アッラ・プッタネスカ」ですね。

材料 (1人前)

・トマトソースorトマト缶(100g)

・黒オリーブ (3個程度)

・ケッパー (6~8粒程度)

・アンチョビorアンチョビペースト (小さじ1/2程度)

・にんにく (半片)

・鷹の爪 (1本)

調味料

・塩 (適量)

パスタは1.6~1.8mmがオススメです。

①まずはフライパンにオリーブオイルをひき、にんにくと鷹の爪を弱火でじっくり炒めます。

オイルににんにくと唐辛子の香りを移す行程です、焦げないように注意。

②アンチョビを加え少し加熱したら黒オリーブ、ケッパーも投入。

常に弱火で大丈夫です。

③トマトソース、パスタの茹で汁(大さじ2)を入れます。

【トマト缶の場合】

ここで10分ほど煮込みます。酸味が強い場合は砂糖を少し投入。

煮詰まってきたらパスタの茹で汁を入れ焦げないようにします。

④最後にアルデンテのパスタ、仕上げのオリーブオイル(大さじ1)を入れよく混ぜ合わせたら完成。

「スパゲティ・アッラ・プッタネスカ」

アンチョビやケッパーの塩味とトマトソースが絡んでとても美味しい。

アラビアータとはまた違った美味しさですね。

是非お試しください!

ブログ記事一覧|大学生 尼子千オフィシャルブログ Powered by Ameba

コメント

タイトルとURLをコピーしました